One Click Say Yeah 2019

音楽、映画、その他、日常生活からはみ出たものを中心に

VAPORWAVEをバイナルで聴いてみる

珍しくVAPORWAVEの作品がLPで再発されていたので、diskUNIONのWEBから取り置きで購入。

 

 

 
あの金字塔的アルバム『Floral Shoppe』のMacintosh PlusことVEKTROIDさんが"NEW DREAMS LTD."名義で2016年にリリースした『SLEEPLINE』がバイナルで再発!
 
....って、この時点で何言ってるかわからない方、ごめんなさい。(先、行きます。)
 
"NEW DREAMS LTD."名義は、"Fuji Grid TV"ラインのテレビCMサウンドをズタズタに切り刻んで再構築した所謂Signalwaveを発展させたサウンドだと言えますが、良くも悪くもvaporwaveの音楽の構造を「この程度でいいんだ」と誤って認識させてしまった罪深きジャンルといえると思います。
 
日本の80年代を中心としたテレビコマーシャルのサウンドを使いまくった、著作権的に完全にアウトな一連の作品はネット上で無料(または、数ドル程度のデジタル販売)でリリースされており、現在でもyoutubeやbandcampで誰でも聴くことができるので、「無料で聴く」という行為にこれほど抵抗感のないジャンルも珍しいのですが、「vaporwaveは無料でリリースして無料で聴いてなんぼ」が双方にとっての正しい作法、とさえ思っているので、それをあえてバイナルで聴くなんて、需要あるのか?

そう思いながら結局買いました。

 

 

この独特のヴィジュアル群も何とも言えないです。不安を煽ります....。

 

f:id:myanger081:20190616151448j:plain

 

2016年リリース時はこんな感じのジャケットだったので、だいぶ変わりました。

 

実際、bandcampを通してさらっと聴いていたので、あえてバイナルで買ってまで聴く必要があるかね?と自問し続けていたのですが、結果、買って大満足です。

 

まず、 VEKTROIDさんの作品って、むちゃくちゃ音がいいんですよね。

 

それは『Floral Shoppe』でも音のmixというか、傑作といわれている理由の一つに、vaporwaveらしからぬ”抜けの良さ"があると思ってます。

『SLEEPLINE』を改めてLPで聴き直してみると、チョップド&スクリュードによるあの独特の低音の心地よさが際立って、よりambient感が強調されているように感じます。
というより、LPの音のレンジのおかげで元々のこの作品群のもつ酩酊感にドップリ浸れる、といった方が正しいかもしれません。

 

単純に「CM切り貼りして、ピッチ遅くしました!」ではない、ちゃんと1つの作品であることがバイナルだとよりわかります。

 

そして、さらに、VEKTROIDさんの作品は、何というか、品がある??

けっこう1分〜2分でサクサク曲が変わっていくのもvaporwaveの特徴ですが、結構じっくりいくんですよね。これが、心地よい。

Macintosh Plusの『Floral Shoppe』がまぐれでも何でもなかったのが、NEW DREAMS LTD.を聴いているとよくわかります。

 


MACINTOSH PLUS - FLORAL SHOPPE - 10 Untitled

 

あとは、33回転で標準なんですが、45回転にすると、ピッチ下げる前の「原曲」に近い形も少し聴けるので、これはLP特有の楽しみ方ですね。

 

そんなかんじで、ノリで買ってしまったわりには非常に満足しました。

 

「VAPORWAVEは死んだ」なんて言われてますが、このサウンドに浸りたくなるタイミングが節目節目に訪れます。

結構WEBだといまだにカセットテープとかもすぐに完売しているので、今も根強いファンがいまだにいることは想像できます。

 

[参考URL]